(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほっほ~さすがっ!

はあ、、、GW(黄金周)が終わってしまった、、、


現実に戻らねば!(笑)




ということで、またまた駄記事をば!



時々本屋に散策に行くんですが、
先日こんなのを見つけまして。




20070508002116.jpg







肉犬の生産管理






こういう本が、
「私の愛犬」
「かわいいペット」
「犬のしつけ方法」

ってな本と同じ棚に並んでいるのが
中国のダイナミックさ!(笑)



価格は安くて、一冊100円程度。



中国の「本」は、著作権無視のコピーや
海賊版が多いのでめちゃ安いんですわ。
オックスフォードの辞書が300円くらいで
買えますからねえ、、





それはともかく、中身。






20070508002129.jpg






20070508002140.jpg







蔵犬ってのは、チベット犬かな?(ちと不明)


松○犬ってのはチャウチャウのこと。


大丹犬ってのはグレート・デン






ブランド犬も、中国じゃ食っちゃうのね~~
(そりゃ、うちの犬なんか食われるわな、、、
あ、落ち込むからこの話止めよっと、、、、)





中身は結構まじめな
「衛生管理」
「飼料配合」
「生殖方法」
なんかが書いてあるんだけど、さすが!なのは
この部分。







20070508002148.jpg













犬肉の料理方法が書いてあるっ!!!









ふ~む、犬好きとしては微妙な気分になるが
食文化は尊重する主義なので、さすが!ってな
ことでまとめておくか(苦笑)







肉犬管理に関しては、
中国の方が、日本より上だな(あはは)

スポンサーサイト

コメント

"肉犬の生産管理"
を読んだところで「なんと自虐的な・・・」と思っていましたが(らんさんの犬に合掌)
以前、スーパーの鮮魚売り場に(もちろん飼育用の)金魚がビニール袋に入れて置いてあったのを思い出しました。・・・なんか釈然としないんですけど、同じ感じかと(笑) 実にシュールでした。
【2007/05/08 09:49】 URL | pinta #3hjG33lw[ 編集]
らんさん、こんにちは。 ほっほぉ~ですね、こりゃ。 飼い方と食べ方の本が並んでいるとは、わっ、解りやすすぎ。 昔々、某国が某国に訓練済み軍用犬を送ったら、一月後には消えていたそうですが、無理も無いのかな?
【2007/05/08 12:02】 URL | 日本の小東洋 #-[ 編集]
飯は何を食わせればいいんだろう。じいちゃんによると、雑食にしてしまうと、めちゃめちゃ肉が臭いから、肉だけを食わせた方がいいんだそうで。

私は犬は食ったことないけど、もしかしたら出張で北京に行ったとき、現地の同僚と行ったレストランの肉団子に入っていたかーもしれません。ま、でも大都会北京ですからありえないかなー??一人10元くらいかかったし。
【2007/05/08 13:56】 URL | やすこん #NUpTSsbk[ 編集]
思わず「えっ!」そ叫んでしまった・・・。知りませんでした。合掌・・・。

ま、これも他国の文化ですからアレコレは言えませんがね、やっぱり我々としては抵抗ありますよねェ。

ところで『ネ(示)偏にト』ってどういう意味ですか?辞書にないんですけど・・・。スゴく気になるので。
【2007/05/08 16:19】 URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/05/08 22:14】 | #[ 編集]
はじめまして!
宜しくお願いします。


台湾の犬は油断しています。
いや、ゆったりしています。
今は食べられませんから!!
【2007/05/08 22:14】 URL | あき@たいわん #qbIq4rIg[ 編集]
犬は「有史以来人類の友」です。
犬以上に人間のみを愛し、尽くし、忠実な生き物はいません。
私は鯨に触った事はありません。
慰められた事もありません。
目の見えない人の目となり一生を捧げ尽くす鯨も知りません。
主の留守に家を守る鯨も見た事ありません。
他国の文化云々~なんて意見がありますが、
「他人」と「親友」を同列に語るに等しいと思います。
【2007/05/09 09:52】 URL | マンセーナナスさん #-[ 編集]
もうかなり昔のことですが、忘れられない思い出があります。

野良犬だったんですが、夜中の2時頃だったでしょうか。仕事の帰りにコンビニに寄って晩飯を買って自宅へ向かう途中ふと前方を見ると、一匹の犬らしき動物?が此方の方に向かって来るのです。それもかなりの速度で。私を見つけてではありません。
何せ初対面ですから。
走っている理由は今をもってしても不明。
なのですが、私の買い物袋に目が行ったのでしょう。私の傍らに山手線の如く寸分違わずピタッと止まりました。
視線は買い物袋に釘付けです。
ショウガネーナ~と思いつつ晩飯分けてやりました。おにぎり2つでしたけど・・
あいつはあの後どうしたのかな・・と。
管理人様の記事であの時の記憶が蘇りました。
【2007/05/09 22:00】 URL | 小僧 #-[ 編集]
日本人の感覚からすると、犬は『愛でる』ものであって『食べる』ものではないですよね。

香川県の某冷食企業が工場の人員確保に中国人(韓国人かも)を大量に雇ったらしいのですが、

しばらくするとその辺一体から野良犬がいなくなったそうです。

あくまで都市伝説ですが、ほんとだったら衛生面とか色々心配なので、その企業の商品は買わなくなりました(;^_^A
【2007/05/10 10:27】 URL | のの♪ #-[ 編集]
水道水に虫が混入、多いときには1000匹近くも―北京市
5月9日7時30分配信 Record China
2007年5月8日、北京市朝陽区の住宅で水道水に虫が混入していたことがわかった。
北京市朝陽区のある住宅で、住民が水道の蛇口をひねったところ、水の中に細長い虫が3匹入っていた。この住宅に住む別の住民によると、水道水にこの虫が混入していることが度々あり、多いときには1000匹近くいたこともあったという。原因はわかっていない。
朝陽区では以前にも水道水に虫が混入していたことがあり、ほかの地域でも同じような状況が見られる。虫混入の原因は貯水タンクの不衛生によるものが多い。衛生局や住宅の管理部署では貯水タンクの清掃と水質検査などが義務付けられているが、実際にはこのようなずさんな衛生管理が行われているところも少なくないと見られる。
【2007/05/11 14:17】 URL | 南海地震 #-[ 編集]
>pintaさん
中国にいると、人間ってのはつくづく「他の生き物を食って生きてる」と思います。うちの犬はかわいそうでしたが、どこかの飢えた中国人の子供の腹の足しになった、と思えばあきらめもつきます(いや、悔しいけど)
【2007/05/17 01:30】 URL | らん #-[ 編集]
>日本の小東洋さん
私の好きな「中国的大らかさ」の表れ、ですかね、ペット本と肉用本が並んでるのは(笑)。私は競馬はしませんが、サラブレッド馬の美しさは大好き(小オグリキャップの尻尾の毛、お守りに持ってます)、でも馬肉も大好きなので、そういった「ごった煮」が普通の中国は面白いですよ!
【2007/05/17 01:33】 URL | らん #-[ 編集]
>やすこんさん
本をザッと見てみましたが、飼料に肉を混ぜるとは書いて無かったですねえ、、、。犬を食わずに済む日本はもしかしたら「幸せ」なのかも知れませんね。日本も昔は食っていたのですし。私は犬肉、バリバリ食べます(笑)。こちらでは香辛料たっぷりの鍋にするので、臭みも気にならないのかも知れません。
【2007/05/17 01:36】 URL | らん #-[ 編集]
>寒河江の菅ちゃんさん
いえいえ、もう自分の中では納得してますから(うちのワンコ)。抵抗はあれど、犬も食う私はなんとも複雑ではありますが(あはは)、示にトは、示に点が入ってないですか?だったら「補」です。
【2007/05/17 01:43】 URL | らん #-[ 編集]
>もさん
クローズドコメントですが、こちらへ。ご配慮ありがとうございます。私は大丈夫ですよ!その手の割り切りは早いほうなので!ガンガン記事書かないと、いかんですな!頑張ります!
【2007/05/17 01:46】 URL | らん #-[ 編集]
>あき@たいわんさん
台湾も犬は食べるんですか?ゆったりしてる、ということは食べない?台湾事情はどうもわからないので、色々と教えてくださいませ!
【2007/05/17 01:47】 URL | らん #-[ 編集]
>マンセーナナスさん
そういった意見も当然あることでしょう。犬は友達、その通りです。ただやはり、私は「人間優先」なので、犬を食ってでも生き延びたい人間がいるならば、それは許容する、という立場です。
【2007/05/17 01:50】 URL | らん #-[ 編集]
>小僧さん
日本は野良犬、野良猫、保健所送りにされる生き物が多いですよね。なんだか殺すくらいなら、食ってあげたほうがいいような気がするのは私だけでしょうか?(苦笑)でも犬はやっぱり可愛いです。私も次を飼いたい衝動にかられていますが、、、、、、(びみょー!)
【2007/05/17 01:51】 URL | らん #-[ 編集]
>のの♪さん
私の友人は日本に行った時に、美味しそうに太った鳩がたくさんいるのに驚いたそうですよ(笑)。中国では何を食べてもいいですけど(人間以外)、日本じゃ日本のルールを守って欲しいもんです。中国人が衛生面で無神経なのは、全く否定いたしません(あはは)
【2007/05/17 01:53】 URL | らん #-[ 編集]
>南海地震さん
北京の朝陽区って結構お金持ちが住む場所なんですけどね、私も友人が住んでますが、、、、。ま、中国はやっぱり「魔大陸」ということで、水が今後の発展のネック、というので間違いないでしょう。
【2007/05/17 01:55】 URL | らん #-[ 編集]
えーとまたもや仕事の帰りですが、とにく
デカイ犬が前方から飼い主と一緒にやって参りました。 とにかくデカくて全身の毛がやたら多い、目が隠れていました。
が、ふと前を見上げるおりまして、目が「ばちっ」と合いました。(ような気がした)
そこで、「ニ~~っと」笑いかけたらなんとそっぽを向くではありませんか。
悪人面と思われたのかもしれませんですね。

で、それから間もなく今度は首輪を付けた猫に遭遇致しました。 こちらの姿を見ても臆するでもなく。さすが飼い猫とでもいうか。
今度はよく皆がするような舌打ちと言うのでしょうか、それをすると何と首を縦に振るようなしぐさをしたのです。
驚きました。 
ちなみに今日の出来事です。
家の周りは太った野良猫と飼い猫が
多いのですが、縄張りがあるようで
なんだか住み分けができているみたいです。
【2007/05/18 23:52】 URL | 小僧 #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。