(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

県庁の星

県庁の星 スタンダード・エディション 県庁の星 スタンダード・エディション
織田裕二 (2006/10/27)
東宝

この商品の詳細を見る





♪ララララッ、~サンバ~ディ ッツナイッ!♪

寒いいや、暑っくるしい歌でおなじみの
青島刑事織田裕二
久々の映画主演作、らしいね。


これね。

コンセプトは面白かった。
(以下ちょいネタばれ)


エリート県庁職員野村(織田)が、自ら
発案した巨大プロジェクトの前に
「民間のノウハウを取り入れる」ために、
地元スーパーに研修に出される。


そこは寂れた三流スーパー。
大量の在庫や売れ残りがバックヤードにあふれ、
惣菜コーナーではフライの揚げなおしや、
食材の再利用は日常茶飯事。


野村の教育係は、ベテランパートの二宮(柴咲コウ)


型にはまった野村に対して、二宮はうんざり。
しかし出世に響くからか、野村はスーパーで
何がしかの成果を挙げたい。


そんな時に、ほかに派遣された県庁職員の
スキャンダルが取りざたされ、スーパーの
不正(揚げなおしとか)のトバッチリを受け
たくない野村は焦る。


そして店長は、うるさい野村を黙らせる為に
弁当を作らせる(裏方に回らせる)。
張り切る野村だが、一方県庁では野村がいない
間に状況が変わっていた、、、、



~~~~ってな話。


役所って場所の「実態」がよく解る。
ああそうだろうな~~と、役所は知らないけど
納得してしまう。


議会(議員)の力、地元企業との癒着、
税金なんて「自動ATM」程度の認識の役人達、、、


まんまじゃんか(笑)


そういう
「解っちゃいたけど」な役所の裏側を
バッチリと描いているのは買える。


あ、スーパー「お惣菜」の裏側わね。
あんなの普通にやってるでしょ
(フライの揚げなおし、商品再利用)


中国じゃ「問題にもならないレベル」
だろうから、ピンとこなかったのかな私
(おいおい)


とにかく、設定は面白かったのよ。




ただ、内容が全体的に浅い印象があって
でもって長い!(130分)


「踊る大走査線」のノリに近い
軽さ(コメディタッチ)がチラチラと出てくる
んだけど、全体と通しては
「固定観念を打ち破る」
「改善する」
「巨悪と戦う」
といった熱血系(社会派?)メッセージが強い。


この軽さと、暑っ苦しさ熱さの
バランスが悪くて、見ていて「収まりの悪さ」
を感じた。


人物描写や背景(特にスーパーが置かれている状況
が解りづらい。役所の内情は良く描けてたけど)
も浅いから、後半にかけて「改善」していく様が、
織田の一人芝居っぽく移る。



まあただ、お役所の「変わらなさ」を最後の場面で
上手に表してた。そこでやっと映画らしくなった感じ、
最後で(それまではドラマを見ているような、
ご都合主義や古さ、典型的演技といった
臭さ が漂ってるから)


しかし、ベテランパートが柴咲コウ、ってどうよ。
どこのスーパーにもいるだろうけど、大抵
ベテラン=おばちゃんでしょ?
若すぎて説得力がぜんぜん無い。


おまけに彼女は顔つきが「キツイ」から役の幅が
狭まるよね。無愛想とかぶっきらぼう、ってな
イメージを顔からは受けるが、役もそのまんま(笑)


よく言えば
「個性が強い」、
悪く言えば
「何を演じても同じ=何を演じても柴咲コウ」
ってな印象。


織田裕二は、、、、


この人はこういう演技しか
出来ないんでしょ。


「織田裕二を演じている織田裕二」ってな感じ。
どうしてもそういう「不自然さ」が取れない
ね、この人の演技は。



私はどうしても、主役級の
「何やっても俺は俺!」的な俳優が好きに
なれなくてね(ひねくれ者)。だからキムタク
なんて役者とは認めん(おほほ)


役によって変幻自在に変わってこそ、
「役・者」じゃないか?と思うんで。


主役級は「俺様オーラ」でいいんだろうけど、
やっぱり飽きられるし、飽きられた後になって
変化するのは大変だろうと思う。


だから脇役の方が
息が長い役者が多いんだろうし。



っと話がそれたが、、、




主役の二人の個性が強すぎるってのに加えて、
浅い背景と人物描写が「軽さ」につながってるとは
いえ、全体を通せば楽しめるよ。



ただ、怒られちゃいそうだけど

「ああ~こういうのを女子供の映画、って
いうんだろうな~」


とは思った(笑)


エリート県庁職員と三流スーパーのパートの
恋愛を「ケッ!」と思わずに楽しめれば、
「お勧め映画」になるかな(私は無理だったんで)


女の子を口説きたいときに、男の子が見せると
いいかも、と思ったりして(あはは)









おお!二位に浮上!協力サンクスです!
しかし「月見櫓」さんの「やぐら」は
高いですなあ、、、(笑)





スポンサーサイト

コメント

はじめまして^^

私の芸能にゅーすサイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/doriiii100/archives/50144068.html
です。
これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/04/20 17:16】 URL | 芸能にゅーす #-[ 編集]
はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://rukanews0002.blog96.fc2.com/blog-entry-291.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/04/21 04:43】 URL | 今日の1日 #-[ 編集]
ふ~ん、あらすじだけ見ればけっこう面白そうなんですけどねェ。

柴咲コウさんって確かにイメージが強いですよね。正直私はあんまり好きじゃないです。
オ!ポチッとしておきました。応援してま~す!
【2007/04/21 05:32】 URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 編集]
来月までには1位になってるでしょう。多分。
男臭いのがお好きならマイケル・マン作品はいかが?
エントリには無かったようなので。(あったらすいまそんw)
【2007/04/21 09:09】 URL | マンセーナナスさん #-[ 編集]
>芸能ニュースさん
>今日の一日さん

どうぞ、遠慮なくTBしてください。
ご訪問ありがとうございます。
【2007/04/22 02:01】 URL | らん #-[ 編集]
>寒河江の菅ちゃんさん
柴咲コウって、ちょっと個性が強すぎて「使い勝手が悪い」んじゃないかな、と余計な心配をしてしまいます(笑)。応援ありがとうございます!
【2007/04/22 02:02】 URL | らん #-[ 編集]
>マンセーナナスさん
マイケル・マン、、、、、作品を調べてみたら、観てないなあ、、、。製作に関わった「アビエーター」だけは観てますが。なかなか面白そうな作品を撮ってますねえ。ぜひ観てみたいと思います!
【2007/04/22 02:04】 URL | らん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。