(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっちの野菜(その1)

ここは、中国の内陸南部。


ベトナムやミャンマー、タイに近い。



ってことで、日本には無い種類の野菜
(熱帯性)が手に入る。



逆に日本で手に入る野菜が、無い場合も
多いけど(泣)。




たとえば、ちとコメントにも書いたけど
ゴボウ、オクラ、シソあたり。
(先日近所の野菜市場でゴボウを見つけた!との
情報を友人がくれたが、、、、、私も
行ってみたが見つけられず(泣))




そうそう、玉ねぎは日本のような
柔らかい「白玉ねぎ」はほとんどなくて、
赤玉ねぎ(紫玉ねぎ)ばっかり。





こんなの

20070418191914.jpg






中国人ってね、意外と玉ねぎ食べないんだよ。
外皮が漢方として使われているみたいだけど、
玉ねぎそのものは好きじゃない人が多い。


日本みたいに、時間をかけて煮込んで甘みを
引き出したり、すりおろしてソースにしたり、
ってなバリエーションがないからか
「辛い」と言うんだよね。


需要の少なさが、供給量と種類の少なさに
つながってるんだろうけど。
それはともかく。


中国にしかない(日本にはあるけど
メジャーじゃない)野菜。



たとえば、これ。





春菊の茎の部分


20070418021533.jpg



中国語では漢字二文字で

草冠に離の左側、草冠に高

これでli hao(リーハオ)と読む



春菊と言えば、日本では鍋には欠かせない
食材。特に葉の部分だよね、使われるのは。


一方ここでは、茎の部分が中心。


油で豚肉やハムとザッと炒めるのが
オーソドックス。


香りは春菊そのもの、食感は茎なんで若干
硬いが、しかしとっても美味しい。


私はよく、
にんにくとごま油、塩コショウで
炒めて食べるけどね。



ちなみに、写真の一束(200g弱くらい)
で価格は約10円。


美味くて安くて最高の酒のつまみ!!












次いで、(和名)ササゲ



20070418021546.jpg





中国語では漢字二文字で

「豆ヘンに工、豆」

jiang dou(ジャンドゥ)と読む。



これは日本にもあるんだけど、こっちほど
メジャーじゃないと思う。


ってか、サヤインゲン、ササゲ、
いまいち違いがわからん、、
同じ種類だと思ってたら、違うらしいし。


東京(実家)では、こんな長い種類の
「ササゲ」はほとんど見た事が無い。
サヤインゲンかと思いきや、名前が違うし
(インゲンは中国語で「豆角」とか「豆莢」とか言う)


でも、この「ササゲ」を漬物にしたのは
「酸豆角」とか言ってたりするしなあ、、、







わかんね~んだよっ!!!






西日本出身の友人(日本人)は
「中国で売ってるものほど長くは無いけど、
結構食べるよ」と言ってたのだが、、、、


写真の「長ササゲ」は、和名では別名で
「サンジャクササゲ(三尺ササゲ)」
とも言うらしい。


ただ、長ササゲにも長さによって種類が
あるらしくてねえ。姫ササゲ、ジュウロクササゲ、
とか。長いものは1メートルくらいになるとか
(写真のは40センチくらい)


ちょっと勉強せんといかんなあ、、、


マメ科はもともと、分類が難しくてね。
学名、俗称、地域名なんかがゴッチャゴッチャに
なってるし。


すんません、勉強不足です、、、(とほほ)




で、、、、
このササゲ、写真の量で約100g、価格は約20円。


こっちでは、肉と炒めるのが普通
(まあ中華は多くが、肉&野菜の炒め物なんだがね)


私は、
ゴマあえににしたり、
細かく切って、ひき肉やセロリと炒めたり、
小麦粉や卵とあわせて「お好み焼き」の具に
したり、する。



ところ変われば、品変わる。


なかなか面白い。


知らない野菜があると、ついつい買ってしまうが
調理方法が解らないこともあってさ(笑)


ま、悩んだら
「炒める!」
で大丈夫なのだが。




ちょいとFC2ランキングで上に行ってみたいんで
良かったら応援のポチッをお願いしまふ!!
(もちろん、つまらなかったら押さなくていいです!)

スポンサーサイト

コメント

私も西出身なので長い豆は食べますよ~。
玉ネギと言えばインド、タイ、ベトナムでも普通これですよね。本場の味を再現するには欠かせないのに、量が手に入らず探し回った経験があります。それに日本で買うと今でも高い!所変われば、、、ですね。今回は、ちょっとうらやましい(笑)
オクラは暑いインドでもカレー風味に香辛料で炒めてよく食べるので手に入らないのが意外です。
【2007/04/19 01:24】 URL | naoko #qwKvtbg.[ 編集]
隊長~~っ! ポチッと実行完了であります・・・。

えーと、「ささげ」ですが、もしかしたら実家でいうところの「ささぎ?」って思いましてちょっと調べてみたらどうやら同じ種類のものを指すようですね。
ささぎはおひたし、天ぷら、味噌汁と何にでも合いますが、おひたしにしておろし生姜を添え、醤油をかけた方が一番美味しいです。(因みにでした)
生姜は食べる直前におろしたてを添え
ると格別です。酒のつまみにも良く合います。
【2007/04/19 02:39】 URL | 小僧 #-[ 編集]
「ポチッ」協力させて頂きました。
余り人が多くなるとアンカーが貰えなくなる不安もありますが・・・

>悩んだら「炒める!」
これ、日本のシェフだと味付けでもやらかしますよね。
慣れない食材の扱いに困ると、
「取り敢えず、醤油と味醂で甘辛くしとけ!」と。
以前、創作料理屋で「フォアグラと大根のナンチャラ」を注文したら、
案の定、テリヤキ風味のフォアグラが出てきてガッカリ。
もっとさ~なんかあるでしょ?
素材の持つ味を生かすのが日本料理の真髄なので、
大して味の無いフォアグラを持て余したんだろうけど・・・
チャレンジスピリットに欠けるだろ、と思いました。
【2007/04/19 08:47】 URL | マンセーナナスさん #-[ 編集]
ご無沙汰しております。最近ちょっと忙しくて(註;仕事以外で)

この長~い『ささげ』って、お盆の時に青リンゴなどと一緒に盆飾りでぶら下げますよ。
要するにささぎなんですか。ささぎだったら山形ではたまに食べますね。

ゴボウって外国人から見ると、ただの『草の根っこ』みたいですからね。さすがに中国でもあんまりないんですか。
【2007/04/19 13:11】 URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 編集]
ぽちっ




裏は2位になってました。月見櫓さんの壁は厚そうですが、こうなったら目指しましょう!!
【2007/04/19 22:53】 URL | も #mQop/nM.[ 編集]
はじめまして、フィンランド在住のやすこんと申します。食べ物のわだいがー!!

これササゲっていうんですね。アジア食材店で時々ロングビーンズって名前で売られているんです。これはとっても重宝しています。まとめて切っておいて冷凍しておいたりして使ってます。

似ているんですけど、こっちの冷凍食品のさやいんてんみたいなのはちょーっと日本人の感覚と違うんですよ。

またおじゃまします!
(裏はコメントが書きやすそうに思えます)
【2007/04/20 14:27】 URL | やすこん #-[ 編集]
>naokoさん
オクラは、ここは気温が低くて育たないんですよ(試してみた)。玉ねぎは大好きなので、出来ればサラダとかで食べたいんですが、紫玉ねぎは辛くてつらい、、、、、
【2007/04/22 01:54】 URL | らん #-[ 編集]
>小僧さん
そう、「ささぎ」とも言うそうです。地域でいろいろな言い方がありますよね。中国の野菜名もたくさん言い方があって、また料理になると言い方が変わったりして紛らわしいですよ~。おひたり&しょうが醤油は試してないや。うまそ~~!
【2007/04/22 01:56】 URL | らん #-[ 編集]
>寒河江の菅ちゃんさん
ゴボウは本当に見当たらないですね、、、。ささぎ、って地域によってはとてもメジャーなんですね~~。私はほとんど知らなかったです(不勉強)。
【2007/04/22 01:57】 URL | らん #-[ 編集]
>もさん
月見櫓さん、すごい高得点!いや~~、すごいです。追いつけ追い越せ~~!面白い記事書かなきゃ!
【2007/04/22 01:58】 URL | らん #-[ 編集]
>やすこんさん
裏ブログへいらっしゃい!フィンランドですか!はあ、全く異国過ぎて想像もつかない世界ですわ、、、。そちらでは売ってるんですね。意外!(私には)。でも「もち」が良いので、納得かも。表ブログにも遠慮なくコメントしてくださいいい!
【2007/04/22 01:59】 URL | らん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。