(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

硫黄島からの手紙/父親たちの星条旗

硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版) 硫黄島からの手紙 (特製BOX付 初回限定版)
渡辺謙 (2007/04/20)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る




父親たちの星条旗 (特別版) 父親たちの星条旗 (特別版)
ライアン・フィリップ (2007/05/03)
ワーナー・ホーム・ビデオ

この商品の詳細を見る




説明はいらんな。


超話題の、この「硫黄島二部作」


遅ればせながら、やっと二つとも観た。


絶対に観なければと思ってた。
映画好きとしても、当然日本人としてもね。

一言でいうと
「不思議な感覚になる映画」かな


「父親」も「手紙」もどちらも。


戦争映画の定石からは明らかに外れる。


敵と味方、善と悪、の境目が曖昧。
反戦を強く訴えるわけでもないし、悲惨さを
コトサラ強調もしてないし、淡々としてる。



「父親」の方は、戦争プロパガンダに使われ
英雄視される米軍兵士たちの苦悩。


「手紙」の方は、人物像の掘り下げは浅くて、
日本軍兵士たちの心理描写もサラッとしてて、
あっけなく死んでいくシーンが多い。


メッセージ性が薄く、判断を観客に
丸投げしているような印象。



ただ私は日本人だからか、
「父親」よりも
「手紙」の方がグッときたけどね。


でも正直「仕上がり具合」は「父親」のほうが上かな。
「父親」のほうが丁寧さを感じた、ストーリー
にも映像にも。


といっても、アメリカ人が描いたとは思えない
日本軍への「フェアな視点」
を感じる点で、「手紙」も素晴らしい。



で、「手紙」のほうのあらすじ。
(ネタばれ)




大東亜戦争末期、硫黄島をめぐる
日本軍とアメリカ軍の死闘。


名将といわれ、敵からも尊敬を受けた
栗林中将(=渡辺謙)率いる帝国日本軍は、
島中にトンネルを掘る。


地下から敵を迎え撃つ作戦。


物資も水もない孤島で、初めての子供が
生まれる前に徴兵されてきた若き兵士西郷(二宮和也)は
絶望的になっていたが、栗林中将に希望を見出す。


が、戦闘は熾烈を極め日本軍は追い詰められていく。
本島からの援助は届かず、島は徐々にアメリカ軍
に制圧され、、、


そしてアメリカ軍も、空前の被害を受ける。


日本軍の降伏を何度も促したが、最後の一兵
に至るまで、激烈な抵抗をする日本軍。


自決を潔しとしない栗林と、
自決せよと促す伊藤(中村獅童)やその他将校たち。


その中で自決せずに戦い続ける西郷、、、、



~~~~~~


この「硫黄島」を、アメリカ人がよくも
ここまで冷静に、忠実に描いたものだと感心した。


さすがはイーストウッド。


そのフェアプレー精神と、歴史に真摯に向かう
姿勢を、他のクソのような
(例えばパール・ハーバーとかw)映画を
撮る監督どもは見習え。


戦争オナニー映画はもう十分。


何十年経ってもオナニーしか出来ない
なら、監督などと名乗るな。


サラッと描いているのがいいのかもしれない。
思い入れタップリに描かれたものよりも、
ずっと。


でもこれは、日本人映画監督に撮って欲しかったね。
それで、カンヌとかアカデミーのノミネートされて
欲しかった。


アメリカ人のイーストウッドが撮ったから
「それにしては、いい!」となるけど、
日本人監督が撮ったとしたら、おそらく身内(?)
だからこその期待もあって、不満だろうしね。



ともあれ、近年の戦争映画の中では極めて
「日本軍を人間としてきちんと描いた」
「アメリカ軍も苦悩してた」
というフェアな視点での映画なので、見る価値は
ありだ。



ただ惜しむらくは、「手紙」のほうの画面が
全体的に暗い&台詞が不明瞭で聞き取りづらい、
ということか。


それも、リアルさを求めたのであれば納得もするが
映画という一つのエンターテイメントとすると
少々お粗末、と言わざるを得ないかな。



映画としての出来は、「父親」に軍配、
しかし日本人として見るべき「must」映画としては
「手紙」に軍配、と言った所か。


一度でもいいから、アメリカ軍の極悪非道、人種差別
ぶりを露骨に描いた映画を、日本人監督に撮ってもらって
全米公開してもらいたいもんだ、、、、


それが出来たら、日米関係は政治も経済も、
人的民間交流も大きく動くだろう、と
思うのは、甘いかな?








酔っ払い気味でのアップ。

書けてるか~~~?




スポンサーサイト

コメント

「父親達~」の日本軍はやたらと強かったですな(苦笑
「手紙」は見逃してしまい、まだ見てません・・・orz
同じ時期にフジTVが「手紙」と似たような2時間ドラマを放送してました。
タイトルは失念しましたが、恐らく劣化版でしょう。
戦闘機のCGがやたらとチープなのが印象的でした。
それしか印象に残ってません。ハイ。
【2007/06/25 10:24】 URL | マンセーナナスさん #-[ 編集]
私も「硫黄島からの手紙」は日本人に撮ってほしかったと思いますが、「男たちの大和」みたいになるんじゃないかという危惧もあります。
次は沖縄戦の真実をこの雰囲気で映画化してほしいです。本土と沖縄の人々のために。
【2007/06/25 11:05】 URL | バラキ #-[ 編集]
アメリカ軍兵士も、苦悩したのもいれば、極悪非道なのもいたのですね。
戦争の、映画はあまり見ないのですが、活字でとりとめもなく読みました。
日本の兵士も、苦悩したのもいれば、極悪非道なのもいたようですね。

戦争、という外交手段では、何でもいいらしくて、原爆なんてのもいいらしいのに、慰安婦などの細かい状況-強制だの強制でないの、問題になっているようで。

負けたら、黙ってお金払えってことかなぁ。お金に名目つけたら、あれもこれもと際限ないようで、一括全部ですますべきなのかな。

戦争以外の外交が、戦前よりうまくなっていて欲しいと思いますが。
人間関係と同様に、難しそうな気がします。
【2007/06/25 16:21】 URL | riku #x9esv5no[ 編集]
らんさん、今晩は。 遂にご覧になりましたか。硫黄島2部作。
ペリリュー島の迎撃線を基に既定路線で会った水際防御を止めた結果、アメリカ軍が3日で落とせると豪語した硫黄島を35日間死守。結果沖縄防御の時間を稼ぐ事が出来た… 結果は別としても。
映画としての手紙は、らんさんのご意見に賛成です。 日本人監督でこれをやってくれるとうれしいのですが、どうも過去の大東亜戦争物はお涙頂戴の感が…
当時の日本軍をアメリカ人監督がここまでフェアに描いているところが良い、と思う次第です。
私的には劇中の栗林中将が"一日でも持ちこたえれば我々の子供が安寧に過ごせる云々"で、もうなにをか言わん、です。
また、"生きて故国の土を踏めるとお思うな"では、えらい国に生まれてしまった、です。

ひー爺様や爺様、(父、私の世代、多分最後)が命懸けで戦ってくれたお陰で、有色人種にして唯一国"G"何とかにも入っている現在が有ったりして。 

ウザそうにしている倅にこれらの話しをし続けている私でした。 
だからこそ、戦わずして生きる事を日本国政府に期待するや大で有ります。
(大丈夫かしら?)
俺たちは人様の物わかすめ取らんぞ~ それなのにごだごた言って嘗めると、噛みつくぞごらぁ~。
と、紳士的に押さえて、内政的に田んぼ耕しておまんま食って"小市民的"安心して国民が暮らせる様にするのが、英霊に対しての一番のご供養と思う次第です。

ちょっと力入ったかな、失敬。 と思う酒が入った私。


【2007/06/25 19:29】 URL | 日本の小東洋 #-[ 編集]
らんさん こんにちは!
「父親達の星条旗」「硫黄島からの手紙」映画館で観ました。「硫黄島…」は初めの場面からいきなり号泣しました。そうそう、確かに「硫黄島…」台詞がときどき聞き取りづらかったです~。思うに、C.イーストウッド監督は一番最初の演技が一番良いという考えのもと本番は1回か2回くらいしか撮らないそうで、そのため演技として上手く行ってると判断した場合「オレ今ちょっと呂律回ってなかったよ~」と役者さんが思っててもそのままオッケーになっちゃったのかな~?…なーんて、勝手な想像をしてます。
そんな話はともかく、映画は素晴らしくて観た後は1日ずどーんとなっていました。以前栗林中将の書簡集(硫黄島からの分は映画の元ネタ?になっている)を読んで、米国滞在時のたくさんの絵手紙から、どことなくユーモラスで飄々とした人柄とお子さんへの深い愛情を感じました。あの苛烈な戦いを指揮された方、というイメージと最初なかなか結びつかなかったです。映画の中で一部の人は助かりますが多くの人は(そして実際に)亡くなった訳で、やっぱりどんなことがあっても戦争はもうしたくないなぁと思います。(当たり前すぎる感想でごめんなさい 汗)そのために、日本はもっと外交力をつけないといかーん!と 思います。
【2007/06/25 23:08】 URL | へたれたん #-[ 編集]
らんさん、今晩は。

「硫黄島2部作」に触発され、ミニシアターでドキュメンタリー映画「硫黄島:地獄の36日間」も見ちゃいました。351 分は長かった。

最近の日本戦争映画にしては、「俺は、君のためにこそ死ににいく」頑張っていますよ!
タイトルはダメダメ、感情移入できない映画なので、物足りないと言う欠点はありますが、日本人には見て欲しい映画でした。
【2007/06/26 20:37】 URL | こうちゃん #-[ 編集]
イートウッドの「手紙」でもそうなのですが、最近の第二次大戦ものは、自分たちの恥部もしっかり撮ってますね。
アメリカ軍の捕虜に対する仕打ちとか・・・

バーホーベンの「ブラック・ブック」も凄いです。
オランダ人監督がオランダを舞台にして、自分たちの隠しておきたかった行為も描いてます。
個人的にはB-17の実機だけで充分満足なんですけど・・・ハハハ

勝ち組みも冷静に判断できる時代になったのでしょうか。
綺麗な戦争なんかない、当然ですが。
【2007/07/04 10:30】 URL | ハリケーン #-[ 編集]
>マンセーナナスさん
アメリカ人にとっても、日本との戦争は「痛い歴史」なんでしょうね。日本軍を怖いと思った人も多かったような気がしますよ。だからこそ、映画の表現も偏る、みたいなね。
【2007/07/16 00:33】 URL | らん #-[ 編集]
>バラキさん
沖縄戦、、、まだ表現する勇気のアル監督は少ない分野ですね。ぜひ近い将来、日本の監督に撮ってもらいたい分野ですよ、ほんとに。
【2007/07/16 00:34】 URL | らん #-[ 編集]
>rikuさん
戦争って、できる状態にあるけどしない、ってのに価値があると思うんですよね。できない状態で「平和平和」と叫ぶ日本の平和ボケはいかんともしがたい、、。ただ人間は「武器=おもちゃ」を持つと使ってみたくなるものでもあるでしょうから、難しいですけどね。でも戦争になる覚悟を持つこと、こそが最善の「戦争回避策」と最近思うようになりました。
【2007/07/16 00:37】 URL | らん #-[ 編集]
>日本の小東洋さん
慢性よっぱらいのアテクシですので、酒が入るのはお互い様で(笑)。やはり祖先への感謝は今を生きる我々の土台になるものじゃないでしょうかね。何も分裂増殖するアメーバじゃないんですから、脈々と受け継がれた血と歴史が今の自分を創っているとの感謝の念を持つことが、戦後の日本に最も足りなかった教育ですね。アメリカ人のイーストウッドにそれを改めて教えられたのが嬉しいやら悔しいやら〈笑)
【2007/07/16 00:40】 URL | らん #-[ 編集]
>へたれたんさん
ほう、「最初の演技が一番いい」とな!確かに!私の二冊目の帯の写真、あれ、100枚以上撮影したうちの一枚目なんですよ(笑)、確かにそれはそうかも!なんて思いました(え?関係ないって?)。硫黄島は9割の軍人が亡くなったといいますもんね。余りにも日本人には辛い歴史です。二度と繰り返さないためには、地に足がついたリアルな「外交戦略」を持ってもらいたいですね。
【2007/07/16 00:44】 URL | らん #-[ 編集]
>こうちゃんさん
あ、それはもしや石原閣下監督作ですね?見たいなあ~~。ちょっとレトロなタイトルに腰が引けますけど(笑)。日本人こそが戦争に真剣に向き合って、戦争の価値、敗戦の意味、世界平和を訴えられる民族だと思いますよ。戦争映画からも日本人はしっかりと学ばねば!
【2007/07/16 00:46】 URL | らん #-[ 編集]
>ハリケーンさん
WW2から60年以上が経って、ようやく世界が冷静に「戦争」を見られるようになったんですかね。まあでもアメリカは現在進行形で戦争してますから、なんともはやですが。日本人監督による戦争映画も増えてきたことですし、いい傾向かも知れませんね!しかし平和とは「戦争と戦争の間」と、亡国のイージスでのセリフが思い起こされます、、
【2007/07/16 00:48】 URL | らん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。