(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOSTEL


ホステル 無修正版 (Blu-ray Disc) ホステル 無修正版 (Blu-ray Disc)
ジェイ・ヘルナンデス (2007/03/16)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る




クエンティン・タランティーノ監修で
話題のホラー拷問映画。


「ホラー」
「拷問」
ってことで、そういうのが嫌いな人には
かな~りキツイ映画。


痛い!の連続だから。


まあでも、単なる「ホラー」には終わってない
のがさすが、というかね。




ストーリーはっていうと、、、


アメリカ人学生のパクストンとジョッシュ。
バックパッカーをしながら、旅行中。
オランダでドラック、女と遊びまくり。


そんな中、アイスランド人のおっさん、
オリと知り合う。彼の「遊びのテクニック」
に魅了され意気投合。


さらに遊びまくる。


そんな中で、耳寄りな情報を得る。


スロヴァキアに行けば、戦争で男が減っている
ので美女達が男に飢えている。酒池肉林だよ、と。


彼等三人は、早速スロヴァキアへ向かう。


宿泊するユースホステルでは早速、美女達が
あられもない姿でくつろぐスパで楽しみ、
同室の美女達と浮かれ踊り楽しみ、、、


ところが、美女達と楽しんだ次の日の朝、
オリが突然姿を消す、、、、、、、、、、、、






ネタバレしないように書くのは難しいん
だけどね(笑)



要するに
「アメリカ(人)を恨む人は世界中にいる」
「反米国で遊ぶことの怖さ」
ってな設定。


アメリカ人というだけで、嫌われて罵られ、
餌食にされるということ。


スケベ心でアメリカへの反発の強い地域に
よりによって「女を買う」為に出かけた
アメリカ人が、とんでもない目にあう。


映画の前半部分は「エロエロ」
後半部分は「グログロ」
という対比も面白いというか、強烈というか
(苦笑)


それに東欧国の生活の現実も垣間見える。


ストリートチルドレンの死んだ魚のような
目は怖いし、マフィアの市民生活への根の
張り方もリアルで、納得させられてしまう。



都市伝説っぽくて、それでいて「ありそう」
な微妙なさじ加減が実に怖い。



特に私は、中国なんていう共産国にいるから
かも知れないけどね。



これはね、個人的には中国で女を買っている
バカな日本人男に観て欲しい。


反発がある国で女を買う、ってことの意味を
直視して欲しいね。


経済格差で女を買う男の情けなさと、
経済格差により生まれる恨み、
ってのも、この映画は含んでるよ。



ってか中国は共産国なんだよね。
この映画の舞台、スロヴァキアもちょい前まではそう。
(まだ実質続いてるのかな?ちとその辺は
解らないが、、、)



中国でも日本人を
「ほにゃららに○○する組織」
ってのがあっても不思議じゃない。


事実、女を使ったハニートラップはあるわけでね。


そういうことをしている、と思い当たる人は
「ゾゾゾッ」
とすること請け合い。



さすがタラちゃん。
ただのホラーじゃないのが、いい。



しか~し、途中から妙な日本人が登場するのは
どうかな(笑)。
どうみても日本人に見えない外見と言葉遣い。
タラちゃん、日本びいきの割りに、こんな
インチキ日本人出しちゃいかんよ、みたいなね。


あ、映画監督の三池崇史が出てるよ、チラッと。
ヘタな英語を話してる(笑)
その辺の遊び心はタラちゃんらしい。



しかし、ここまでスロヴァキアを怖く描いて
文句来ないのかね、、、、、






(ちと、押してみておくんなましっ!)
スポンサーサイト

コメント

こちらでは初コメントです。

タランティーノ製作総指揮ということで見たんですが、この映画はよかったですね~。

ニセ日本人の女の子ですが、個人的にはB級っぽさを向上させてくれているという意味でポイントが高かったです(笑)。
「ヤメレー、ヤメレクラシャーイ、キャー」

でも、見ているだけで痛いので、きっと二度は見ないと思います。
【2007/03/29 01:16】 URL | 風車 #CjlWd7YA[ 編集]
私の好きな映画評論家の前田有一さんもこの作品を褒めていたので
http://movie.maeda-y.com/movie/00825.htm
見てみたいなとは思ってたんですが、グロいのは苦手なので触手が伸びませんでしたv-12
らんさんがおっしゃるように反発のある国というのを認識せず欲望の赴くままに行動するとロクなことにはならんでしょうね…
話変わって先日テレビ東京のお昼にやっている「エイリアス」というアメリカのドラマにタラちゃんがゲストで出演してましたよ。主人公の上司を針刺して拷問してました(笑)
【2007/03/29 09:23】 URL | こるとん #-[ 編集]
はじめまして^^

私のポーランドブログで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://polandlife.blog81.fc2.com/blog-entry-153.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
【2007/03/29 18:34】 URL | ポーランドライフ #-[ 編集]
>風車さん
裏ブログへいらっしゃい!
「ヤメレー!」。。。。めちゃ受けました(笑)。そうそう、そんな感じだった。ありゃ中華系じゃないか?と思いましたが。確かにB級映画のお膳立てとしては最高でした(あはは)
【2007/03/30 23:35】 URL | らん #-[ 編集]
>こるとんさん
わあほんとだ、100点満点の95点ってすごい高得点ですね!この方の他の批評も読んでみましたが、かなり的確というか真っ当な感じを受けますね。確かに良心的な評論家さんのようで。グロが苦手な方は、ちょっとキツイかも知れないですね。私も途中は目を覆いながら観てましたもん、、、、、
タラちゃん、また日本を題材に映画撮って欲しいですね~~!
【2007/03/30 23:37】 URL | らん #-[ 編集]
>ポーランドライフさん
どうぞどうぞ、自由にリンクやらTBやらしてくださいませ(あ、エロは削除しますが(笑))。ポーランド行ったことないなあ、、
【2007/03/30 23:39】 URL | らん #-[ 編集]
らんさん・・・
お勧めの映画と言うことで、思い切って観ましたが。
いたい~いたいよ~

改めて、自分はスプラッター苦手だということを認識しました。ホラーの方がまし。
痛いところは早送りで。

外国で酒やら麻薬やらやって、正体不明になるなんて。殺されても文句言えないと思いますよ。油断しすぎ。
でも、こういう娯楽施設(?)が本当にあるかもとチラっと思ってしまう。
恐いですね。

でもラストはあっさりでした。
もっと違うのを想像していたのですが。例えば、彼が客の立場になって戻ってくるとか?
とにかく、もうスプラッターは観ないことにします。恐いから。

話し変わりますが、コメント欄、すごく字が小さくて、打ちづらいです。私だけ?

【2007/09/06 14:11】 URL | カンカン #J7gMWUUA[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。