(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SUPERSIZE ME

Super Size Me (Unrated) (Ws) Super Size Me (Unrated) (Ws)
(2004/09/28)


この商品の詳細を見る




表ブログの記事で登場してもらったので
こちらでレビュー。


こういう、くだらない事を一生懸命するってのは
私は大好き(笑)
しかも、肉体を酷使して体張ってという体育会系
のノリは監督の「根性」を感じる。


表紙の写真も笑っちゃう。

しかし、やった試みはくだらなくても
論理展開や観客への問題提起は超真面目。


<以下ネタばれ>


アメリカで10代の少女二人が
「マクドナルドのせいで太った!」
と訴えた。


本当にマクドナルドを食べると太るのか?


この単純な発想から始まったこの映画
というか、ドキュメンタリーの企画。


そこで監督(主演)は、自らの肉体を使って
実験しようと思った。30日間、毎日マクドナルドを
3食食べ続けたらどうなるか?を試してみよう、と。


前もって健康診断をして「超健康体」と確認し、
いくつかのルール
1)メニューに乗っている商品を全て一度は食べる
2)スーパーサイズを店員に薦められたら、断らない
3)水を飲むのもマクドナルドで
に則って、実験スタート!


その結果は、、、、、


「毎日毎食食べるなんて極端だ!」とは思うが、
それでも監督の肉体の「顕著な変化」には
驚きを隠せない。


映画中には、食べ続けるに連れて顔色が悪くなり、
体が膨れていく監督の姿と共に
専門家の意見
アメリカ人の一般の人の意見
監督の彼女の「監督の状態説明」(これが笑える)
アメリカ経済の構造

など「肥満になる原因」と「肥満の深刻度」
があらゆる角度から検証されていて、
「笑い事では済まされない」と
実感させられる。


しかし、音楽や途中で挟み込む印象的な映像の
センスが良くて、深刻ながらも「笑い」も忘れない。


軽やかなテーマソング
 ♪Supersize! Supersize! Supersize ME!!~
のフレーズに合わせて、
アメリカン(スーパーサイズ)デブがノソノソと
歩く映像は、笑わずにはいられないほど
「皮肉と悲哀たっぷり」



アメリカの「朗らかな部分」と「病的な部分」の
両方を一気に知ることが出来る、一粒で2度美味しい映画
と言えるだろう。


特にマクドナルドのような「巨大資本」にアメリカ人
でありながら果敢に挑戦した監督の「男気」には
素直に拍手を送りたい。


大手の映画会社やテレビ局には軒並み「無視された」
そうだが、むべなるかな。それでも映画が「好評」で
話題を呼び、最終的にはマクドナルドは「スーパーサイズ」
を廃止したそうだ。



溢れる「モノ」の洪水の中で、大企業の思惑に
動かされる社会の中で、現代の病巣を分析して
隠された「恐怖」を炙り出す。


現代社会人の生活はこれでいいのか?と。


「ある種ホラー映画」としても、
エポックメーキングな作品である。



スポンサーサイト

コメント

これ、前に観ました。怖いですよね、アメリカンジャンクフード。でも食べたくなるんですよね、無性に。タバコは割りと簡単に止められたけど、食い物の自制は難しい。だから痩せられない(涙)
昔、西海岸に旅行に行ったとき、食い物の量に驚かされたけど、唯一の心残りは本場のマックに行けなかったこと。大きさを実感したかったなぁ。。
【2007/02/04 18:55】 URL | たこう #g3xRiuA6[ 編集]
>たこうさん
ほんとに、時々マックなどのジャンクフードって食べたくなりますよね。高校生の頃、安いマックで友達と話すのが日常だったので、大人になってからは「飽きて」しまいましたが、やっぱり時々は、、、ね。

この監督の顔色がみるみる悪くなっていくのが、まさに恐怖映画でした、、
【2007/02/04 21:44】 URL | らん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。