(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

那山 那人 那狗

山の郵便配達 山の郵便配達
トン・ルゥジュン (2002/05/24)
ジェネオン エンタテインメント

この商品の詳細を見る




邦題は
「山の郵便配達」




心に染み渡る映像とセリフが心地よい
上質の映画だ。


父が長年やってきた「郵便配達」の仕事を
継ぐことに決めた息子。引退を決めた父とともに、
父は最期の、息子は初めての「配達の旅」に出る。


頑固に歩いて配達することにこだわる父に、複雑な
感情を覚えながらも着いていく息子。


お供するのは、シェパードの雑種犬「次男坊」


二人と一匹で過酷な山道を淡々と歩いていく。


村々では、人々が郵便配達を心待ちにしている。


長年戻らない孫息子を思う盲目の老婆に、父は
「いかにも孫息子が書いているかのような」手紙を
毎回届け、読んで聞かせる。


通信教育で勉強している山の子供、その祖父を心配
して「酒を控えろよ」と言う父。


そんな父の姿を見て、息子の心も徐々に変わっていく。


幼い頃、留守がちだった父に嫌われていると思っていた
息子は、道中初めて素直に「父さん」と呼ぶ。


そして父も、息子におぶわれて河を渡ると、その成長した
姿に涙する、、、、





80年代初頭の湖南省が舞台というこの映画。


緑豊かな山々、段々畑、素朴な村民達、暖かい映像に
少ないセリフが実に美しい。


親子(父と息子)の少ない会話一つ一つが、まるで
景色に溶け込むような静けさ。


犬の「次男坊」がまた実にいい味を添えていて、
二人の心を和らげているよう。
タイトルに「犬(狗)」が入っているように、
山と人と犬、ってのが絶妙の混ざり具合。



大人の映画
しみじみとした気分になれる。


セリフが少なくて解りやすいので
中国語学習者にもおすすめの映画だ。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。