(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

闇の子供たち

暗い話題ですんません。


闇の子供たち闇の子供たち
(2002/11)
梁 石日

商品詳細を見る




明日8月2日から、
いよいよ公開される映画


闇の子供たち(公式HPはこちら



日本に夏休みで戻れたら、是非観たいと思っている。



目を背けたい現実だと思うが、先進国、そして
この小説の中に出てくる
「子供を買う側」
にいる日本人として、観ておきたい映画だ。


原作は長年の友人が
「胸糞悪いけど、絶対読んだほうがいい」
と以前から、薦めてくれていた。


しかしながら、読まずとも私の住む場所の
ほんとうにすぐ近くで、起こってること。
現実が、小説以上だと少なからず知っている。
(原作はごく最近読んだんだけど)


人身売買、それも子供の売り買い。
性の慰みものとなり、臓器売買の材料となって
闇に葬り去られる子供たちの現実が、嫌と言うほど
描かれている小説だ。


ここは東南アジアの国々と国境を接しているから、
そういう話題には事欠かない。
もちろん、この国の中でも売られる子供は
大勢居るのだし。


NGOの知人から聞いたことがある。


小児性愛者がたむろって居る場所がいくつかある。
彼らは、欧米から、時には日本からやってきて、
しばらく滞在して、少女や少年を買う。


彼らの理屈は決まっている。
「お金を落としてやっている」
「正当な経済行為だ」
「愛し合うのに、年齢は関係ない」

だいたい、こんな感じだそうだ。


本当に胸糞悪い。
というより、話を平常心で
聞くことが出来ない。


売られる子供たち。
幸せな子は、メイドとしてお金持ちに雇われる人生が
待っている。その子は本当にラッキー。最高の人生。


しかし普通とそれ以下の運命の子は、良くて売春か
性の奴隷としての養子縁組、悪いと臓器売買用に
闇から闇に葬られる、と。



取材や支援活動が命がけだ、というのも聞いていた。



この本(原作)そのまま、いやそれ以上の世界が
現実に起こっている。



この本や現実に関連するが、
私はよく日本でもある
「○○ちゃんを救う会」
というのが、正直嫌いだ。


親になれば、子供をどれだけ悪いことをしたって
助けたい気持ちは解る。


でも、自分の子供の命を助けるために、違う子供が
脳死になったり死ぬことを結果的に願う、という事実を
きれいごとにする姿勢に、正直反吐が出る。


ましてや、他人様に募金を募ってまで「助かろう」
とする卑しさを感じずにはいられない。


こんなことを言ってる私だって、もし自分の子供に
臓器移植しか生きる道がない、とわかったら絶対に
助けようと何でもするだろう。
鬼にも蛇にもなるだろう。


そういう、人間の汚らしさと身勝手さが解るから
余計に反吐が出るのだ。


そういう
「人間なんて、本当に下等だ」と再確認する原作本
だろうし、映画だろう。



予告編はこちら。







正直、私はこの予告編でさえも
泣けてしまって、まともに見られない。



でも、映画は絶対観ようと思う。


スポンサーサイト

コメント

予告を何かで見たんですが、上映映画館まで遠い…。
らんさんに比べたら、国内なんだから近いんですが゛それでも近い上映館まで4時間以上、結構移動料金かかりそうです (つ_;)
でも、らんさんがお勧めされるなら、なんとか見に行ってみたいものです。
【2008/08/02 09:34】 URL | とんとん #-[ 編集]
値札のついた子どもたち・・・悲しいです。

見てみたいけど、東北では上映館無し。北海道は札幌で一館あるのみ。東京まで行かなきゃ見られないみたいです。
見たい!というか、こういう映画は特に平和ボケした日本人は見なくちゃならないような気がします。
【2008/08/02 14:47】 URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 編集]
連投失礼します。
ミクシィでこのニュースをやってました。モトネタはオリコンの情報誌らしいです。
http://www.oricon.co.jp/news/confidence/56912/
これで話題になってウチのような地方都市でも上映してくれるといいんですけど。
【2008/08/02 15:46】 URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 編集]
子供が絡むと、なぜ多くの人は感情的なことしか言えないのだろうか。メイドとして金持ちのところに行くとラッキーと言っているが、売られることを否定しないのだから、同じ穴の狢だ。そもそも、外国にまで情報が伝わり変態や臓器移植希望者が来るということは、当局は黙認状態ということだ。
【2008/08/02 16:01】 URL | 黒井 #wLMIWoss[ 編集]
京大のグループが去年発見したなんとか細胞を使った再生医療、早く実用化しませんかねぇ。
【2008/08/03 01:48】 URL | じら #-[ 編集]
you tubeの動画がthis video is no longer availableになってます。
you tubeで検索をかければ、多分似たようなのはヒットしますけど。

ttp://jp.youtube.com/watch?v=1FhDZDOvWsM
↑こんな感じですか?

ところでこの映画というか、原作小説は厳密な取材に基づいたものなのでしょうか?
作者の想像に基づいている部分が多すぎて、この作品はノンフィクションであるとはいえないのでは?
映画のウェブサイトには「これは闇に隠された真実の物語」と書かれていますが……

テーマが深刻であればあるほど、責任ある取材が必要だと思います。
どんなに崇高な目的を掲げていても、テロリズムに頼ってしまう団体は信用に価しないのと
同じなのです。

沖縄自決問題で、純真そうな子供が「お爺やお婆が嘘を言っているというのでしょうか!」
と声を振り絞るのを見て、いい加減な取材だけで小説を書いた作家の事を思い出します。

あと、「財団法人日本ユニセフ協会」が協賛してる事も気になります。
この団体は名称に「ユニセフ」という名称を含んでいますが、国際連合児童基金 (UNICEF) の日本支部や
構成機関ではありません。「財団法人日本ユニセフ協会」に興味をもたれた方は、インターネットで検索
してみてください。

上記の動画を見て一番私が疑問に思ったのは、血の繋がった実の子供を売り飛ばす親の姿勢に対して
映画では大して取り上げられていないように感じた事です。下種な欲望を持った外国人を守らなければ
ならないのは、彼等の親なんじゃないの?
【2008/08/06 06:15】 URL | カヲナシ #qx6UTKxA[ 編集]
「○○を救う会」に関してはらんさんに完全同意。多くの人が内心思っていると思います。でも知人関係にからんで寄付を求められたら断れないでしょうね。うかつに臓器移植そのものに反対と言うのもはばかられますし。そのせいかこの頃あまり聞かなくなりましたね。ただ偏見かもしれませんが作者名を見ただけでまたかの国の人らしく自分を道徳的高みに置いた創作じゃないのかと疑ってしまいます。中国、朝鮮半島に関して何事につけても自動的に疑う、避けるようになってしまいました。
【2008/08/07 02:01】 URL | よさ #F.G0ZWYc[ 編集]
悲惨な現実を知るという意味では見る価値あると思うし、買う側の人間に日本人もいるという事はとても恥ずかしく思います。でも私は見ないつもりです。

確かに買う側の人間(先進国の人間)は胸糞悪いんですが、「買う人がいるから人間でも臓器でも売る」という考え方の方がもっと気持ち悪いからです。
問題の根本は、経済格差の話(=先進国が悪い)ではないのにミスリードしてる。被害国(と言っていいのか)がそれは人道的に許せない問題だと本当に思うなら、人間や臓器を買いに来た外国人を片っぱしから捕まえて死刑にでもしたらいい話です。外国人(先進国)のモラルを問う前に、自国のモラルの在り方を直視すべきでは。つまり一番の加害者は売った親であり、人身売買を扱う自国のブローカー、それを許す国だと思います。

人権とは何ぞやを知っている先進国の人間に訴える為の「可哀そうな子供たちの映画」は、子供たちが見世物として再び売られたようにも感じます。だから映画館に行きたくない。私は買いたくない。

日本はこういった子達を救うためにODAやってる筈なんだけど未だになくならない。それは何故かというドキュメンタリーでも作った方が見応えありそうです。似たような映像になったとしても切り口が違うだけで結果が全然変わるでしょうから。
【2008/08/07 12:10】 URL | けんけん #-[ 編集]
はじめまして。
ブログはちょくちょくのぞかせてもらっています。

私もこの映画を見てみようと思います。
確かに映画と現実はまた違うかも知れないけど、現実をリアルに見れない分、映画だけでも見たほうが良いのかと思っています。

最近私も友人から「○○ちゃんを救う」ための募金の協力をお願いされましたが、携帯メールで、しかも一括メールで連絡が来たため、なんだか信用できずに返事はせず・・・
後からそれが本当だと知ったんですが・・・
【2008/08/09 09:35】 URL | とも #-[ 編集]
【2008/08/17 01:20】 URL | 朝鮮人による工作活動の疑い #-[ 編集]
こんな捏造プロパガンダ映画みて、何を感激します?事実なら殺人ですよ、警察が乗り出す話です。闇で日本人が心臓移植して、免疫抑制剤などどうして手に入れ続けるの。毎日変態新聞の「エクアドルで日本人が人間狩り」と同等か、それ以下の低脳小説と映画ですわ。梁チャン、嘘ばっかり書かないで、ベトナムで「ダイハン」韓国軍が、行った鬼畜行為を取り上げたらどうですか、それなら皆さん感動しますよ。
【2008/10/05 20:35】 URL | 売れればよいのか? #LkZag.iM[ 編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2008/10/10 19:45】 | #[ 編集]
日本人じゃないですよ
製作サイドは成りすまし日本人です

まいったな
タイ政府が公式に否定してます
【2008/11/22 01:50】 URL | TT #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。