(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マガーク探偵団シリーズ

こちらマガーク探偵団 こちらマガーク探偵団
山口 太一、E.W. ヒルディック 他 (2003/11)
あかね書房

この商品の詳細を見る




なつかしいこのシリーズ。
全18巻
アメリカの児童向け小説の邦訳版。


大抵小学校の図書館にはあったと思う。


今20代~30代の中には、小中学生の時に
この「マガーク探偵団」
シリーズを夢中になって読んだ人もいることだろう。


私もその一人。


「ずっこけ三人組」も「小林少年」も「シャーロック・ホームズ」
も面白かったけど、何より好きだったのがこれ。
♪ブンチャッチャ、ブンチャッチャ~~♪


赤毛のマガーク
鼻のウィリー、
記録(記憶?)のジョーイ、
頭のブレインズ、
おてんばワンダ!



俺たちゃ仲良し5人組!
マガーク探偵団!


♪ブンチャッチャ、ブンチャッチャ~~♪





ちょっと記憶が定かでないところがあるけど、
こんなリズミカルな紹介のされ方、登場の仕方を
する5人組。


彼らが難事件、珍事件を解決しちゃう。


いちいち事件が面白くて、また一人ひとりのキャラが立って
いて噛り付くように読んだ記憶がある。


小学生の時に夢中になって読んでいて、
まだ次の作品が出るんじゃないか?
っていう途中で読まなくなった。
(中学に上がって以降)


私が読んだのは、たぶん14巻か15巻まで。


大人になってからネットで調べたら
18巻まで最終的には出た
と知ってひどく読みたくなったんだけどね。
当時は「絶版」であきらめたもんだった。


それがどうやら、2004年から復刊されていると
最近知って、是非続きを最後まで読みたくなった。


内容の細かいところまでは覚えてないので、初めから
もう一度読みたい。


でもって、あの頃の初々しさを取り戻す、、、、、、、


ま、出来たら(笑)

スポンサーサイト

コメント

初めまして。
今日、初めて裏の存在に気づいて読ませていただいていたら、懐かしい本のタイトルが!
思わず、コメントさせていただきますーー。
うちの小学校の図書館にもありました!
当時、挿絵が好みじゃなかったので最初は敬遠していたのですが、
読み始めたらハマって一気にシリーズを読破した気がします。
あ、あと、ズッコケ三人組も好きでした♪
【2007/02/20 19:34】 URL | oh #fXJH7V/Q[ 編集]
>ohさん
おお、ありましたか、図書館に!私も絵がイマイチ気に入らなかったんですけど、読み出したら止まらなかったクチです。面白かったですよね~~。ズッコケも大人になっても読んでました(笑)。日本の児童文学もなかなかのもんですよ。
【2007/02/21 12:59】 URL | らん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

E.W.・ヒルディック『マガーク少年探偵団!(1)こちらマガーク探偵団』

4/24読了。 マガークをボスとしての探偵団。ワトスン役としてのジョーイの役割などは大人向けのミステリっぽいけれど、全体的にやんちゃな少年少女たちが町の事件を解決するもので、ミステリではあるもののど Mt.Kachikachi BLOG【2007/05/03 01:18】

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。