(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Bourne Identity

ボーン・アイデンティティー ボーン・アイデンティティー
マット・デイモン (2006/11/30)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る



ジミーちゃんマット・デーモン主演の
Jason Bourne(ジェイソン・ボーン)のスパイ映画


ちなみにシリーズもので、二作目が

The Bourne Supremacy


ボーン・スプレマシー ボーン・スプレマシー
マット・デイモン (2005/06/24)
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

この商品の詳細を見る




正直、一作目は「凡作」
二作目が「秀作」
といった感じ。


超おすすめでもないけど、普通に楽しめる。


マット・デーモンの演技力の確かさは感じられるし、
何より出世作だから。


ちなみに、これは全部で三作のシリーズ。


三作目は
The Bourne Ultimatum:ボーン・アルティメイタム


2007年製作開始(公開?)ってことで、楽しみ。
二作目の方が一作目よりもアクション要素が強くなって、
私的には面白かったから、三作目は更なる飛躍を
期待しちゃうね。


シリーズを通してのストーリーは、、、
(ネタばれ)


ジェイソン・ボーン(マット・デーモン)
は背中を撃たれて瀕死の状態で海を漂流していた。
漁船に助けられたが、自分が何者か全く覚えてない。
名前さえわからない。


わずかな手がかりを頼りに、チューリッヒ銀行の貸金庫を
開くとパスポート数種類他怪しいものがてんこもり。自分の
名前はパスポートの一つから解ったが、自分はいったい何者?


どうやらアメリカ人らしいので大使館に助けを求めに行くと、
そこでいきなり襲われる。逃げる途中でマリー(フランカ・ポテンテ)
の車に同乗。パスポートの一つに書いてあった住所に赴くが
マリー共々命を狙われ続ける。


どうやら警察組織や大きな組織が動いている模様。そして徐々に
自分が大きな事件に関わった工作員だと察知し始める。
それもどうやらCIAらしい、、、


ボーンは果たして敵を倒し、アイデンティティー(自己認識)は
取り戻せるのか????




ってのが一作目のストーリー。




で、二作目はさらにアイデンティティーを取り戻して
工作員から足を洗った(本人だけそのつもり)ボーンとマリー
の平和な暮らしが追手から壊されるところから始まる。


まだ断片的にしか思い出せない記憶が多々あるボーンは、
マリーを殺され怒りに震え、復讐しようと「組織」に立ち向かう、、




これが二作目(あ、はしょりすぎた?)





マット・デーモンといえば

・ハーバード大学卒(中退だっけ?)のインテリ
・「グッド・ウィル・ハンティング」をベン・アフレックと
 共に執筆、見事アカデミー脚本賞を撮るという華やかなデビュー

っていうエリートっぷりばかり目立つ俳優だったけどね。



これで一皮剥けたっていうか、アクションもこなして
役幅が広がった。「自分を探す」「苦悩する」ってのが、
単純なスパイ映画とは一線を画してるし、マットの知性に
合った作品とも言えるかもね。


第三作目が楽しみ











スポンサーサイト

コメント

裏中華的、最近知りましたので遅れたコメントに。
ボーンシリーズはバランスが良くて大好きです。DVDで数十回は見てしまいました。マッド・デイモンも3作で終了みたいな事を言ってましたが、最近は4作目があるなら出る意欲がある発言をしてますね。まらば、間を置かずに作らないと歳が心配。
【2008/02/28 00:20】 URL | ボーン大好きです #8l8tEjwk[ 編集]
>ボーン大好きですさん
私も好きです~~。アルティメイタムも面白かったですね~。マットは今一番稼げる俳優じゃないでしょうか。次もあるとしたら、素晴らしい!楽しみですね~
【2008/03/07 13:26】 URL | らん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。