(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOSTEL:PartII

Hostel 2 Hostel 2
Original Score (2007/07/17)
Varese Sarabande

この商品の詳細を見る





話題の、タラちゃん監修(イーライ・ロス監督)
拷問映画

HOSTEL

の続編(待望の!)



日本では来月9月8日公開。



公式サイト





これまた中国なので、先に観ちゃいました
(すんませんw)



先入観無しに二作目を観たい、楽しみにしてる
人は、読まないでくださいね~~!




以下、ネタバレしないように最大限
注意してのあらすじ紹介




~~


ローマに美術の勉強にやってきた、アメリカ人の
女の子三人組。


この時出会った美少女に、スロヴァキアの
「あの」ホステルに招かれる。


そして、再びあの「拷問の館」の扉が開かれ
三人は!!!


~~~





と、これじゃ映画の宣伝文句程度で
ネタバレじゃないと思うけど(笑)



一作目はアメリカ人男三人組、
(正確には1人はアイスランド人)
二作目はアメリカ人女三人組。



まあ、女の子三人組になったことで
より「お色気」に走ると思いきや、
そうでもなく、、、、




アメリカの映画レビューのサイトを
見ると、厳しい評価が目立つ、、、




ふむ、、、




正直、私も「つまらない」と思った。
途中で集中力を欠いてしまったほど。




舞台設定はそのまま持ち越されているから
「続編」でいいのだが、拷問の程度も恐怖の表現も
理不尽な目に突然会わされる人間の心理描写も、
一作目とは大きく変わる。


むしろ、全く別物と考えたほうが 
スンナリ受け止められるかも。



どうも「SAW(ソウ)」シリーズ



SAW ソウ DTSエディション SAW ソウ DTSエディション
ケアリー・エルウェズ、ダニー・グローヴァー 他 (2005/03/11)
角川エンタテインメント

この商品の詳細を見る





の1から3までの
「変わり方」と似てるんだわ、これが。


と書くと、
SAWを観た人なら予想が付くと思うけど、、



前作で、最後に逃げおおせたパクストン
から二作目は入るが、この導入部分の
出来はなかなかのもの。



前作の「東欧社会」おどろおどろしい雰囲気と
「得体の知れない敵」の恐怖感が
十分に伝わる。
はじめの10~15分くらいかな。



ところが、その後のアメリカ娘三人の
ストーリーは、、、、





ううう~~んん





ネタバレしないように
レビュー書くのは難しいなあ、、、




まあでも、私もアメリカでの評価を知りつつも
やっぱり猛烈に観たかったので(笑)、
タラちゃんファン、ホステルファンはもちろん、
観たい人はぜひ!!










個人的に
PartIII
は作って欲しくないような、、、



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。