(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲド戦記

ゲド戦記 ゲド戦記
宮崎吾朗 (2007/07/04)
ブエナ ビスタ ホーム エンターテイメント

この商品の詳細を見る




はい、やっとこさ観ました
話題の超大作、ジブリの新作


ゲロじゃないや「ゲド戦記」


観た直後の感想は


興行成績的には
「ジブリ」の名と「ゲド戦記」が相乗効果を生み、
ジブリの名声やアニメ映画界的には
「ジブリ」と「ゲド戦記」の名が相殺効果を生んだか、、、


って感じ。


まあ、親父さんの名声は息子の駄作一作で
帳消しになるほど軽くはないだろう。
がしかし、このところ「過去の栄光貯金」
を切り崩してた親父さんにも、
ボディブローにはなったかも。


世界三大ファンタジーと(そうなの?)される
「指輪物語」
「ナルニア国物語」
そして、この
「ゲド戦記」


上二つは既に映画化され、指輪に至っては
アカデミー賞まで取っちゃった。


最後に残されたゲドが
世界の巨匠、宮崎駿(の息子)の手によって
アニメ化となれば、
原作ファンも宮崎アニメファンも期待
しちゃうよね。


息子の吾朗さんは、これが初監督作品。
間違いなく新人、ど素人の第一作目。


なのに上げ底しすぎちゃったね。


ロシアのマトリョーシカ人形みたいに、
劇が終盤に近づくに連れて、
「あれ、まだ小さくなるの?あれ?」
ってな感じ。
盛り上がるはずなのに、なんなんだこりゃ。



mato001a.jpg




まあ一応以下、ネタバレな
あらすじ紹介をば、、



世界は均衡を失いつつあり、竜が人界に降りて
来たり、疫病が流行ったりと乱れている。


大賢人・魔法使いゲドことハイタカ(菅原文太)は、
その原因を探る旅に出ている。


途中ゲドは、父である王を殺害して逃亡中の
アレン(声・岡田准一)を助ける。


アレンは生きる気力を失い「影」に脅えている。
ゲドはアレンを心配し、古い友人テナー(風吹ジュン)
の元に預ける。


テナーの元には、捨て子だったテルー(手嶌葵)が
身を寄せていたが、テルーは投げやりなアレンを
嫌う。


その頃、町で人さらいを平然と行っていた、館に住む
魔法使いクモ(田中裕子)と部下のウサギ(香川照之)に、
ハイタカを呼び寄せるために、テナーがさらわれる。


クモはまた、アレンの「真」の名を手に入れることで
彼を操り、生死界の扉を開け、さらに世界の均衡を破ろう
と企む、、、


~~~ふむ、、、、


映画ってさ、あらすじがスンナリ書ける、ってのも
一つの評価になると思うんだわ。
それだけ「誰にでも解り易い」ってことで、娯楽作、
それもアニメ(子供向け?)ならば余計にね。


まあ原作が長編だから、二時間にまとめるのはソモソモ
無理があったんだろうけど、それにしても散らかし過ぎ、
片付けなさ過ぎ。


「ハウルの動く城」もそうだけどさ、
「魔法使いもの」は整合性がなくても
「それは魔法です」
で済んじゃうからこそ、細部にまで
気を使ってまとめなきゃ。


魔法使い、それも「大賢人」を出している
意味が全然ないんだもんさ。
アレンとテルーの二人の少年少女だけで終わる
話に、無理に肉付けしすぎてゴールに辿りつく
前に息切れ。



それから、
このところのジブリ作品全部に言える
ことを、息子もまたやってるね。


声をあてる人のことね。


岡田准一は意外と良かった。
個性をきちんと消してたし。
菅原文太、香川照之もお見事。


しかし、今回は要のヒロインの声が酷すぎた。


手嶌葵という子は新人さんのようだが、ただでさえ
設定のちぐはぐさをセリフで説明させる展開が多いところ
に「棒読み朗読」。この子の声と演技の単調さが
映画のつまらなさを増長させちゃってた。
「テルーの唄」が、なかなか良かっただけに残念。
歌手に徹すべし。


あと風吹ジュン。
この人も、くぐもった不明瞭な声あてで酷かった。
声が悪い人に声優業させちゃいかんって、、、、


ただ、上記の二人のみならず全体的にセリフが
聞き取りづらいんだな、これが。
クモ役の田中裕子の声なんて、全く聞こえない
場面が結構あって、そのときだけ音量上げて観た。
DVDだったからかなあ?


でも、中国語の吹き替えは音が明瞭。
やっぱり日本語版は音響さんが悪かったんかな。




まあ、ともあれ。



映画監督みたいな芸術屋・技術屋で
「世襲」
なんてするもんじゃないねえ、ってのは
つよ~~く感じた。


そういえば、黒澤明監督の息子も監督だっけ?
何撮ってんのかな。知らないけど。
タレントさん&林寛子の元旦那&娘婿が
SOPHIAの松岡ってのしか浮かばないけど。


ウルトラマンの円谷プロも、世襲して一気に
落ち目になっちゃった例かな。


まあ、親の遺産で食ってる
「美空ひばりの遺産管理人の息子」
くらいがちょうどいいだろうに、
監督させちゃあなあ、、、



しかし、ジブリは今後も吾朗さんに映画
作らせるんかいねえ。。。ジブリの看板
背負わせるつもりなのかしらん。


「親の七光り」は一作目で使い果たしちゃった
だろうに。
もう同じ手は使えないだろうに。



どうするんだろ?










しかし、私は知人から借りたDVDで観た
からまだ許せたけど、1800円払った中には
怒りが沸いた人もいそうだねえ、、、、



スポンサーサイト

コメント

ゲド戦記…どこからもお薦め!という声は聞こえて来ない作品でしたね。だから日テレで放送したとき見ればいいやと思ってます。
ジブリの作品はラピュタが一番好きです。もののけ姫から面白くないと感じ、その気持ちは現在も覆されていません…。
ウィキペディアに書いてありましたが、ジブリでは後継者が育つことはないだろうと鈴木敏夫社長は言っていて、宮崎と高畑の2人が引退したらジブリも終わるのが基本らしいです。
【2007/08/07 09:02】 URL | こるとん #-[ 編集]
親父さんは、ゴロさんの起用に反対してずっと怒ってたらしいですね。
試写で途中までみて、退席。通路で煙草吸いながら、幼稚であるとかなんとか…大人になってないと言ってた気がします。

鈴木さんのプロデュースなのかな。スタッフからも信頼されず、ゴロさん…でも、端正な顔立ちでした。
【2007/08/07 09:08】 URL | エロ河合 #-[ 編集]
私は、1800円払ったので怒りましたよ!!
これ、マスコミの宣伝も凄くて、映画館では随分長いこと掛けられていました。
ホント『ゲロ戦記』です。
そのせいか単館でひっそりやっていた『時をかける少女』が、良く見えましたね~。
【2007/08/07 10:50】 URL | あん #-[ 編集]
未だ見てないが書く(笑)。
原作は5巻全部読んだけど1巻だけがお勧め。ハイタカ青年の挫折と克己の物語です。
名作とされているが、正直、2巻以降は冗長というか平板過ぎる印象。ただ、僕はル・グイン作品に共通して同様に感じるので(ゲド1巻のみが例外ということ)これは単に合わないだけかも。映画は3巻(+僅かに5巻)が元みたいだけど、全然違う話になってる様な。
評判悪いと却って見たくなりますな。見たら感想書きます。
ラピュタ一番は同感かな。「紅豚」の前半と「千と千尋」の電車シーンも自分は好きです。

> 世界3大ファンタジー

無理に「3大」としてるだけで「指輪」が他に較べて突出かな。
自分的に「指輪」以外名作にしたくないや。案外、正統派(ライトノベルやマッチョが長剣振回すヒロイック以外の奴)ファンタジーって書くの難しいんですかねえ。。。
【2007/08/07 12:56】 URL | 小野まさ #aYDccP8M[ 編集]
ゲド戦記もみてないし、原作も読んでいませんが、ファンタジィ小説はジョージ・R・R・マーチンの『氷と炎の歌』がベストでしょう。(まだ、未完ですが・・・)
『指輪物語』は原作の牧歌的雰囲気の方が好き。
【2007/08/07 14:42】 URL | ハリケーン #-[ 編集]
確かこれって、原作者が批判してませんでしたっけ。
なのでそんなに酷い出来なんだと思って、
結局、見ようとも思いませんでした。
せっかくの御大の原作なのに……。
【2007/08/07 16:04】 URL | elen #J0RuGP02[ 編集]
ジブリ映画「ゲド戦記」に対する原作者のコメント全文
http://hiki.cre.jp/Earthsea/?GedoSenkiAuthorResponse

元々コメントする意向は無かった(早く忘れたい発言あり)ところ、社交辞令の挨拶の文言を作者による映画賞賛としてPRに使われた為、緊急に詳細なコメントがだされたときいています。
胸中いかばかりかと。
自分としては「闇の左手」がいい作品だと思ってます。ゲドは地下迷宮に閉じ込められる話が一番好きですね。
【2007/08/07 16:39】 URL | ご参考までに #US7Is6OM[ 編集]
宮崎駿はそりゃーもうゲド戦記が大好きで、
ナウシカその他影響受けまくりで、自身も映画化を申請したりしたそうですが
何せ当時は東洋の無名のアニメ屋ふぜい。まったく相手にされなかったそうです。
それでひねくれちゃって、今回企画が舞い込んだものの「僕はやりません」と断言しちゃった。
でもやりたい気持ちが無いわけじゃないから、必ず文句を言う。
ジブリに宮さんにケチつけられてまでも監督やりたがる人材がいる訳も無く、
困ったところで白羽の矢が立ったのが息子。これなら宮さんもあからさまに批判できない。

要するに宮崎吾郎が選ばれたのはひとえに「宮崎駿の息子」だから。
それ以上の理由はありません。

てなわけで吾郎さん本人にとっても、誰にとっても大変不幸な映画化と
なってしまったのです。
【2007/08/07 16:56】 URL | 3gou #-[ 編集]
『指輪物語』と『ナルニア国物語』は、原作もDVDも持ってるんですけど『ゲド戦記』は手付かずです。なぜか食指が動かないんですよね~。『金曜ロードショー』で十分かなって(笑)


ジブリは、『ラピュタ』が絶頂でだんだん勢いがなくなってきた感じしますよね。新作出ると期待はするけど、観るとイマイチ物足りないっていうか・・・。映像はきれいなんですけど。

もう、『ラピュタ』みたいなのを望むのは無理なんですかね?
【2007/08/07 20:27】 URL | のの♪ #-[ 編集]
格段に面白い宮崎作品といえば、やはり「天空の城ラピュタ」でしょう。
日本アニメ界唯一の悪役であるムスカ大佐。選民思想の賜物である「見ろ、人がゴミのようだ!」のセリフは、日本のアニメ史に残る名言です。w
【2007/08/07 23:37】 URL | 日比谷学 #EDBkNvC6[ 編集]
>こるとんさん
私もラピュタが不動の一位で、もののけから面白くなくなってきた、ってのは同意です。アニメで子供向けなのに説教臭くなりすぎたのが、原因とは思うんですがね、、、
【2007/08/08 02:36】 URL | らん #-[ 編集]
>エロ河合さん
そうなんですか。親父さんが手伝ってたらたぶんここまで酷くはならなかった気はしますよね。怒って手伝わなかったんでしょうか?あえて谷底に突き落とした、、、のかなあ?
【2007/08/08 02:38】 URL | らん #-[ 編集]
>あんさん
そうですか、1800円払う価値は無い、、ですよね確かに。ジブリの名に惹かれて観る人は多いですが、もうその手は通用しないでしょうね。
【2007/08/08 02:38】 URL | らん #-[ 編集]
>小野まささん
私は原作は読んでないんですが、そうですか、長編の一冊分を描いたものなんですか。それじゃあまとまらないよなあ、、。確かにファンタジーとライトノベルはどうも似たようなカテゴライズです、私も。
【2007/08/08 02:40】 URL | らん #-[ 編集]
>ハリケーンさん
「氷と炎の歌」、、、知りませんでした。ぜひ読んでみたいです!
【2007/08/08 02:41】 URL | らん #-[ 編集]
>elenさん
あ~やっぱりそうなんだ、原作者もこれじゃ怒るだろうなあ、と思います。原作は読んでませんが、いくらなんでもこれは原作をはるかに下回る出来だろう、と予想つきましたし、、、
【2007/08/08 02:42】 URL | らん #-[ 編集]
>ご参考までにさん
ふ~~む、控えめに書かれて(訳されて)ますけど、これは事実上「失敗作である」との表明ですねえ、原作者からの。やはり原作がある映画は、原作の雰囲気を壊すには相当の力量を必要とされるんでしょうねえ。そういえば、宮部みゆきの「模倣犯」も映画は酷かった、、、www
【2007/08/08 02:46】 URL | らん #-[ 編集]
>3gouさん
その経緯を知ると、どうも息子さんも気の毒ですね。偉大な父の支配下から逃れられない運命なんでしょうかね、、。いっそ全く違った道を全うしたほうがいいと思うんですがねえ、、
【2007/08/08 02:47】 URL | らん #-[ 編集]
>のの♪さん
私も、親父さんの復活を望むんですけどね。ラピュタを越えるものを作ってから引退してほしい、と。無理なのかなあ、、、。さびしいですねえ、、、、
【2007/08/08 02:48】 URL | らん #-[ 編集]
>日比谷さん
あはは、ムスカのそのセリフ、有名ですよね。ラピュタが崩壊して人やものが落下する場面で、小さなムスカが堕ちていくんですよね、確か。一時停止して探しちゃいました(笑)、確かに「ゴミのように」堕ちてってます、大佐www
【2007/08/08 02:49】 URL | らん #-[ 編集]
出遅れましたが、
ラピュタが一番… ラピュタが絶頂… に同感です。
最近のものは、ごちゃごちゃしすぎてて、全然面白くないです。
声も、どーしてプロの声優を使わないのでしょうか?
ファンタジーでは、かろうじて若い頃に見た、
ネバーエンディングストーリーが好きです。
原作本は途中で挫折してしまいましたが…
【2007/08/08 22:32】 URL | じん #8w8Th2ek[ 編集]
ラピュタ!面白かったですねェ。ナウシカもヨカッタ。
私も初期のジブリ作品だけでいいかな?って思ってます。そうかァ、1800円って映画館の料金だったんですか。わたしゃてっきりDVDがその値段で出てるのかと思いましたよ(笑)
映画館でなんてほとんど見ないからなァ。
【2007/08/10 17:00】 URL | 寒河江の菅ちゃん #W6545ECQ[ 編集]
宮崎アニメは、初めてカセットテープで聞いた「シュナの旅」とその書き下ろしの漫画、全ての世界観がそこに集約されちゃってるような気がするんです。それに肉付けしたのがナウシカで、ストーリーとして一貫性があったから良かったかな。(映画じゃなくて漫画の方)

指輪物語はダントツと思います。アレを読んだら、ぱたーっとファンタジー熱が冷めて、全く読まなく(読めなく)なりましたもの。

グウィンの作品はいくつか読んだけど(栗本薫のグインサーガじゃなくて、笑)ナルニア同様印象に残ってないですね、上でどなたかかかれていたように、だらだらした感じが好きになれなかったです。
【2007/08/10 21:43】 URL | やすこん #mQop/nM.[ 編集]
>じんさん
ラピュタ、最高傑作だと私も思います。これを越えて欲しいのですが、、、無理なのかなあ、、、とほほ
ネバー、、、も好きですよ~~!
【2007/08/17 01:23】 URL | らん #-[ 編集]
>寒河江の菅ちゃんさん
1800円って高いですよね。世界一高いんじゃないでしょうか、映画鑑賞としては。中国は大体400~500円くらいが多いですかね。でも公開前に海賊版が出回るので、映画の興行成績は悪いみたいです(苦笑)
【2007/08/17 01:24】 URL | らん #-[ 編集]
>やすこんさん
ナウシカ、膨大な時間をかけて漫画が終わった時は感動しましたね、私も。指輪物語、小さい頃に一度原作本にトライしたことがあるんですが、長すぎて挫折しました、大人になって読んでみたいんですけどね~。ナルニアはそうなんですか、、
【2007/08/17 01:26】 URL | らん #-[ 編集]
見ました。
美術が良いだけにバランスが狂った凡作といった感じ。
いや、ズバリ「素人が監督やった失敗作」か。

先ず、原作を知らぬ観客に対する不親切。冒頭でいきなり「風の司」とか「真の名」とか出て来るのは良いとしても、フォローが無い。あの世界の魔法の原理やら系統が判らないと意味不明な台詞になる筈。テナーの出自やテルーの正体など、原作の断片をチラチラさせる割には、回想を入れるでなし、伏線になるでなし、伏線を張るでなし、必然性もなし、ただ漫然と入れるのでは混乱させるだけの様な。

原作に関係なく、物語の状況も見えない。災厄の深刻さがよく判らないし、最終的に解決したか否かも不明のまま。アレンの問題も終盤まで判らず感情移入出来ない(単なる酒鬼薔薇かと)。弑逆の手配状況も不明。最後まで親殺しを深刻に悔いる描写が無いし、教育に良くないです(笑)。

演出的にはリズムが単調。展開や台詞のタメとか緩急に乏しい。淡々としたパノラマと哲学語りの間にチンピラ殺陣が挟まってる感じ。ユーモラスなシーンが皆無というのも拍車を掛ける。災厄とクモの関係が説明不足だから、クライマックスも「地方の悪人倒して終わり」に見える。ああ、音曲とコラボしたシーンも無かった。

説明不足の割に説明的。冒頭で王様と共に報告を受けて長々「説明」を始める老臣なんか、誰に対して説明してるのかと思ったが、登場人物には周知の内容なので「映画見てる客に対する説明」としか思えない。全体に登場人物が自分の意思で話している様に見えない。

細かい点では、テルーが歌うのは良いとしてフルコーラス長え。大人の事情かな。
アースシーという多島海世界の物語なのに陸上で話が続く。魅力的な設定に挑戦せず、ジブリ趣味の様式美で流した感があるなあ。

テルーの「棒読み」は気にならなかった。『頭の回転が遅いが精神的に頑強なタイプ、む、それも良き』と妄想変換した所為である。ハイタカが表立って活躍しないのは原作も割合そうですが、仰る通りクモを倒す上で結果的に何もしてないのは如何なものかですねー。

宮崎パパが気に入らぬながら息子の監督を黙認したのは、二たびアニメ化を断った原作者に対する報復もあるかな。
下積み時代に自分を振った高慢女(原作者)が、自分の名声が上がった途端に掌を返して「付き合ってあげるわよ♪」と来たワケですから屈折しても当然。歓迎したフリして、手下にヤラせて傷付ける位は当然の権利(?)。

一緒に今敏監督の「パプリカ」も借りたけど、僕的にはこちらの方がツボを押し捲った(w
【2007/08/25 17:03】 URL | 小野まさ #aYDccP8M[ 編集]
自分の投稿を読み直したら貶し過ぎな気がしてきた(w
子供が見る娯楽作品としては及第点だよな。子供は「問題は解決したの?」とかそういう点は気にしないだろうし。背景綺麗だし。今の水準って判らないけど「ゴジラ対メガロ」で当時ジェット・ジャガーに喜んでた俺が文句を付ける筋合いはありません(判る奴だけ判ってちょ)。
【2007/08/26 15:42】 URL | 小野まさ #aYDccP8M[ 編集]
やっぱり見てしまいましたか(笑

>それにしても散らかしすぎ、片付けなさすぎ

まったくその通りでしたね。(爆笑
見終わった後「え?終わり?!マジで?」と言ったのを思い出します。
宮崎パパの新作「崖っぷちのパ・・」じゃない、「崖の上のポニョ」ですが、
私は見るつもりはないですね。
三十路のオサーンにはちょと・・・
意地張らないで「ゲド戦記」撮り直して集大成としなよ、パパ。
【2008/09/22 11:08】 URL | マンセーナナスさん #-[ 編集]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。