(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海猿

海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX 海猿 UMIZARU EVOLUTION DVD-BOX
伊藤英明 (2006/01/18)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る




最近すっかり「おなじみ」になった
マンガ原作のドラマ



で、この「海猿」もやっぱりマンガが原作。
ヤングサンデーで連載してた
(初めの頃は読んでたけどね、途中止まり)


この漫画家さん(佐藤秀峰)は
「ブラックジャックによろしく」
っていう、医療マンガも描いてるよね。
で、こちらも同じくドラマになった。

海猿 (1) 海猿 (1)
小森 陽一、佐藤 秀峰 他 (1999/05)
小学館

この商品の詳細を見る



ブラックジャックによろしく (13) ブラックジャックによろしく (13)
佐藤 秀峰 (2006/01/23)
講談社

この商品の詳細を見る





ずいぶんと、打率のいい漫画家さんだわ、この人。



で、このドラマ「海猿」



おもろいっ!!



海上保安官なんていう「地味」で「大変な」仕事
をよくぞここまでエンターテイメントに仕上げたな、
と感心した。


海上保安庁の全面協力があったからか、迫力も十分だし
ガテン系職業を描いたドラマ(映画)にありがちな
「そりゃねえよ」
が、だいぶ少なかった気がする
(って海上保安官でもないのに言ってみるテスト)


こういう、普段陽の当たらない仕事、地味な仕事って
知らない人にとっては面白いんだよね。


「本当のドラマ」って、実はこういう地味な職業にこそ
転がってたりするし。


出演者(伊藤英明、中村トオルの二人は特に)も、この役柄の
為に鍛えたんだろうなという筋肉質な体を見せていて、
役者根性あっぱれ。


加藤あい、、、、は、演技力があるとは到底言えない
評価しづらい女優なんだけど(苦笑)、まあ主役は
あくまでも「海猿たち」なので許せる範囲かな。


加藤あいの上司役で、鈴木一真(元メンズノンノのモデル)
が出てたのが、私的には「おお!」と嬉しかったかな。
まさに私の世代が萌えたモデルだし(おほほ)
ま、演技は棒読みで観てるほうが恥ずかしかったけど。


って、ちょっと調べたら主役の伊藤英明も元メンノンの
モデルだったんだ(知らなかった、、、)


この「海猿」はドラマの前に映画があって、
ドラマのあとにも映画があったんだよね、確か。
ドラマから映画って、よほど好評じゃないとならないよね。
ふむ、好評だったんだろうなと思うよ、リアルタイムでは
観てなかったけど。


今度は映画も観てみたい、と思わせる良質ドラマ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

海猿}『海猿 - UMIZARU -』(うみざる)は、日本の漫画作品(小学館・週刊ヤングサンデー連載)。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History License:GFDL アニメ・マンガ 集まる!【2007/09/13 20:53】

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。