(裏@趣味)中華的生活「多少銭?」
完全なる趣味ブログ・・オタクまっしぐら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三キロもあると、、


あてくしの住む雲南、特産物はナンと言っても

きのこ

でござんす。


その中でも、マツタケ


雲南には、マツタケを日本に売って財を成した
人が大勢います。


日本人が買い付けるまで、マツタケは二流三流の
きのこ。もっと高い高級なきのこがいっぱいあります、
雲南には。


ところが日本人が異様に高値で買い付けて
くれるもんで、雲南のキノコ市場を狂わせて
しまったんですな。


今や、マツタケは少数民族や一部農民達の
「貴重な収入源」になってます。


さらには、省を挙げて「貴重な収入源」として
徹底的に保護してます。


マツタケだけは、飛行機の輸送費が固定&異様に高い。


もはや省を挙げての産業、そんじょそこらの新参者が
「マツタケ儲かるしっ!」と入れるような業界じゃ
ござんせん。


と同時に、日本の価格や市場動向が如実に遠い雲南
にまで響いてきます。最近じゃ、野生きのこと銘打って
置きながら、残留農薬が検出される雲南きのこ。
日本でめっきり売れなくなって、雲南の市場も壊れ気味、
なんですな。


日本以外で、マツタケを高く買ってくれる国は
ありませんから。
(迂回して日本に入れるという名目で、韓国やタイ
なんていう買い手もいるらしいけど、、、)
続きを読む
スポンサーサイト

最近の邦画ごった煮レビュー

適当に(ロクに吟味もせずに)観た
(たぶん)最近の邦画の感想をアップ。



ごった煮でまとめて書くくらいなので、
要するに
モーニング娘のような、
「単体では辛い」
映画ばっか、、、、、、


(あくまでも、あてくしの感想はね)


ってことで、いってみましょう!



続きを読む

闇の子供たち

暗い話題ですんません。


闇の子供たち闇の子供たち
(2002/11)
梁 石日

商品詳細を見る




明日8月2日から、
いよいよ公開される映画


闇の子供たち(公式HPはこちら



日本に夏休みで戻れたら、是非観たいと思っている。



目を背けたい現実だと思うが、先進国、そして
この小説の中に出てくる
「子供を買う側」
にいる日本人として、観ておきたい映画だ。

続きを読む

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。